2011年11月09日

してもらわなくて結構です!!

先月の新聞をまとめ読みしていたら、介護者へのサポートに関する記事があった。介護に携わる人の支援は見過ごされている。何よりも「話を聞いてあげることが大事」とのこと。内容はともかく、〜してあげるという言い方にすごく抵抗がある。「配慮してあげる」「ケアしてあげる」「考えてあげる」等々、介護に限らず、巷間〇〇してあげるのオンパレードである。私はこの言葉が大嫌いなのだ。あまりにも普通に使われているので、なんで嫌いなのか、してあげるのどこが悪いのかと、多くの人は不思議に思うだろうし、根性が捻じ曲がっていると感じるかもしれない。事実そうなのだが。私はへそが曲がっているし、根性も捻じ曲がっている。誰かから何かをしてもらうこと自体が嫌というのではないが、恩着せがましいのはうんざりである。なので、結構です、ということになる。「してあげる」というのは、本人にそのつもりはなくても、実に恩着せがましく、厚かましい。なによりも傲慢である。ついでに言ってしまうが、「させていただく」という言葉も大嫌いだ。「してあげる」と真逆に見えるが、実は同じだ。謙虚のつもりで言っているのであろうが、卑屈でいやらしい。ほんとうに「させていただいている」と思っているなら、わざわざ言う必要はないのである。政治家のパフォーマンスならまだしも、一般人がなぜ「させていただく」などと言わねばならないのか。そんな言葉を使う人間はそれだけで信用できない。(断定)
私は1年前まで、ユニット型の特養に勤務していたのだが、同僚に「すごいヤツ」がいた。パーキンソン病で体が思うように動かないおじいさんがいた。トイレに座るのにも苦労する。職員は声掛けしたり、手すりに掴まらせたり、脚をもったり、苦戦していた。「すごいヤツ」はそれを見て、こうすればいいと、手本を示した。ひざ裏に蹴りを入れたのだ。こうすれば膝折れして座るんですよ、と自慢げであったそうだ。「指導」された職員はビビッて、半泣きだった。「すごいヤツ」は家族が来るとこう言う。「私たちはお年寄りの世話をしているんじゃなくて、させていただいているんです」言われた家族は「こんな介護士さん初めて!」と感動していたそうだ。こんな介護士、地獄に落としてあげたい…
posted by カイゴのみょんみょん at 20:48| Comment(0) | 言葉遣い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

 ファイナンシャル・プランナーに学ぶコミュニケーション力

先日ファイナンシャル・プランナー(FP)の継続教育研修に参加した。私はAFP資格という、特に難しくもなく、誰でも取得できるお金に関する資格を持っている。2年前に初めてFP3級、2級を受験し、AFP研修というのを通信教育で受講した。FP1級は実務経験がないと受けられないということなので、先にCFP資格なるものを取得しなければいけないのだが、2分野受けて玉砕だった。(金融資産、リスクマネジメント、不動産など全6分野ある)先日の研修は、FP実務と倫理ということで、コミュニケーションについてだった。わざわざお金を出して受けるほどのことでもないかと思わないでもなかったが、介護の仕事にも関係することだしと考え、受講した。『相談業務の決めて・顧客の心をとらえるコミュニケーション力』というタイトルで、講師は大阪のおばちゃんだったのだが、2000円出した甲斐があった。忘れないうちに内容を復習しておこうと思う。

1.顧客満足とコミュニケーション力

顧客の期待値と行動について

顧客の期待値に対して、実際の製品やサービスが良ければ良い印象として残る。悪ければ悪い印象として残る。同じであれば印象は残らない。つまり、期待以上のことをしなければいけないということだ。私は特養に勤務しているが、客の期待値はおそろしく低い。入れてもらえれば御の字と思われているので、製品もサービスも向上しない。
客は不満をもっても苦情を言わない。クレームをつけるのは不満を持つ人の4%ほど。だが、不満のある人は平均12人に愚痴る。一方満足した人は平均4〜5人に話す。そんなの不公平じゃないか!!と思うが、それが人間の心理だ。

2.コミュニケーションの基本は第一印象

印象を構成する要素

表情はやはり笑顔が大事である。男は笑顔がプラスになるが、女は笑顔が当然と思われているため、笑顔がないと高慢、高飛車などマイナス評価されるそうだ。納得いかん!と、講師のおばちゃんも言っている。わが職場の男はニヤニヤ笑いをよくしており、しまりねえなぁと、私など苦々しく思っていたが、おばあちゃんたちは「笑顔の素敵な人」と思っているのかもしれない。

8.3秒異性と目を合わせると恋が芽生えるらしいので、客の目を見るのは3秒ぐらいにしときなさいとのことだ。視線の外し方であるが、相手の頭やあごを見たらよいということだが、禿げてる人の頭は見てはいけないし、男は女性客の場合、くれぐれも首より下に視線を落とさないよう気をつけなくてはならない。

3.伝える力

話が伝わる5つの要件(メディア力、意見、根拠、目指す結果、思い)

5つのうち2つ、意見と根拠があればおおむねオッケーとのこと

例えば、「メールでは込み入った話はできないので」(根拠)「会って話しましょう」(意見)
男は根拠なしに意見だけ言うことが多く、女は意見を言わず、ずーっと根拠ばかり話している…らしい
例えば男  「女子大生と話がしたい」としか言わず、根拠である「化粧品メーカーに勤務しているが、新商品の開発のため」というのを省くと、ただのいやらしいオヤジとしか思われない。女は言わずもがなです。だから?つまり何?とよくキレられています。

4.相談業務のコツ

ニーズを読み取る

これは、介護職に特に必要です。特に特にケアプランを作成するときに!わかっている人はわかっているが、わかってない人は全くわかってないというやつです。

5.聴く力

これも介護職にはなくてはならないものです。傾聴というやつです。全然傾聴していないのに、記録には「傾聴する」と書いている職員がいっぱいいます。屁理屈こねたり、説教したり、聞かれてもいないことをべらべらしゃべるのは傾聴でないばかりか、「聞く」でさえありません。当たり前のことですが、聞くとしゃべるは別です。

講師からのアドバイスを一つ

人は自分が話したい、まだ話し足りないと思っている間は、人の話を聞きません

聞いてるフリをしているだけだそうです

なるほど…後輩に注意するときなどもこの点注意ですな。でないと、あんだけ言ったのに、あいつまだわかってなかったのか!!?人の話聞いてんのか!?となるのですね

以上。ためになる研修でした
posted by カイゴのみょんみょん at 09:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

TPPで介護現場はこう変る、かも

今議論が白熱しているTPP(環太平洋経済連携協定)について書きたい。介護とどう関係あるんだって?まあまあまあ、とにかくTPPだ。野田総理をはじめ、TPP賛成派と農水省などのTPP反対派が茶番劇のようなことをやっている。賛成派はやれ「平成の開国だ」(日本は今まで鎖国をしていたのか?江戸時代までだったと思っていたのだが…)だの「バスに乗り遅れるな」(乗り物はバスだけか?バスに乗り遅れたなら電車にでも飛行機にでも乗ればいいじゃないか)だの「日本の農業が強くなるチャンスだ」(日本の農業は弱いのか?農業専門誌の副編集長・淺川芳裕氏の著書『日本は世界5位の農業大国』によると、相当強いようじゃないか)だの、バカの一つ覚えのようなことを言っているし、反対派は「日本の農業が壊滅する」「米の関税は絶対守るべし」だの、まるで農業だけが問題であるかのように騒ぎまくっている。しかも農水省。農水省が騒げば騒ぐほど農業問題(というか、農水省の利権問題)という印象が強くなる。今日の朝刊で(どこの新聞社だか忘れた)ようやく、「保険分野にも影響があることがわかった」という記事がのっていた。朝日は、アメリカとFTA(自由貿易協定)を締結した韓国を引き合いに出して、「韓国の置かれている状況を見て、慎重に検討すべし」としている。農業、農業と騒いでいるが、もしや農業はフェイントなのではないか?農業を隠れ蓑にして、(なぜって、反対しているのが農水省や農協だけなのを見ても、ほとんどの人が農業に関心がないのがわかるから)何か重大なことが着々と進められているんじゃないかと危惧する。そこで介護だ。日本はフィリピン・インドネシアとEPA(経済連携協定)を締結し、看護師や介護士を受け入れている。だが、数は非常に少ない。しかも彼らには国家試験を受ける機会が1度しかない。現状のビザでは4年間しか滞在できず、介護士の場合、受験のための実務経験が3年間必要だからだ。試験は日本人が受けるのと同じものだ。日本人でさえ合格率は50%なのだから、言葉の壁のある外国人介護士にとっては、大きなハンディである。TPPは農業製品をはじめとした物品だけではなく、保険・金融・通信・医療などのサービスも対象となる。これらが自由化されれば、労働力の移動は容易となり、外国人看護師や介護士は受け入れやすくなる。労働力が慢性的に不足している医療・介護業界にとっては、いいことといえるかもしれない。例えば私が勤務している特養であるが、けっして職員のレベルは高くない。今後介護報酬は上がることはないようだ。給与アップのための交付金も終了する。介護サービス事業者にとって、外国人介護士を雇用できるのはありがたいことではないか。介護士の給料は横並びで皆安いが、今後資格を含めて能力給にしたら生き残れるかもしれない。入浴やおむつ交換はアウトソーシングにして、介護士の給料もさらに低くする。なぜって、入浴介助やオムツ交換は誰でもできる仕事だからだ。高度なスキルや知識を有する介護士、総合的なケアマネジメントができる介護士は今よりも給料を多くする。つまり、介護の仕事も格差ができるということだ。万年人手不足の介護業界であるが、外国人介護士が多く雇用されることによって、日本人介護士は職を失うわけである。これ以上安い給料だと、日本人は誰も介護の仕事をしなくなる?じゃあ、いったい何の仕事が残されてるっていうんだ?誰でも雇ってもらえる介護の仕事があるから、失業率もそうひどくないんじゃないか?ひどい話と思うかもしれない。だが、現状だってひどいのだ。TPPにはこんな可能性だってあるってことだ。
posted by カイゴのみょんみょん at 22:03| Comment(0) | 介護職員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

景気づけに歌でもひとつ

来年3月に新しい施設がオープンします!入所とショートステイを合わせて40床の、小規模特養、もちろんユニットタイプです!ただいま建設中です。人事をめぐって法人は揺れております!みな浮き足立っています!ここはひとつ、歌でも歌って祝いたいと思います!軍艦マーチのメロディで元気にいきましょう!!

              針千本マーチ

1.いよいよできるぞ新施設
  ポストが増えるぞ こりゃチャンス
  オレにも役職つくだろな
  待てば海路の日よりあり

  ふたを開ければ あやつが施設長
  そんなのありか そりゃないぜ

2.今頃ごねてもとき遅し
  全ては決まった 秘密裡に
  知らぬは木っ端の兵隊ばかり
  駆け引き取り引き蚊帳の外

  オレは行かんぞ あやつの下では
  死んでもやらんぞ 男の意地だ
  (勝手にしろ)

3.並みいるライバル蹴散らして
  指定を勝ち取る わが法人
  つかんだ利権は離さんぞ
  オレの出世の踏み台だ

  娘をちゃっかり ポストにつけて
  福祉を御旗に 突き進む

4.どんどん兵隊注入だ
  毎月入るぞ 新入りが
  それでも減らぬは 脱走兵
  頭を抱える闇将軍

  シカトに罵声と いじめの百貨店
  逃げ出す新入り
  こらこら待て 待たんか

5.ベテランぞろいのわが施設
  勤続年数長いです
  態度はいっぱし スキルは低い
  試験は受けれど受かりません

  新入りいびりは 手に手を取って
  指導のもとに ヤキ入れます

6.ああしろこうしろ指示するが
  根拠はないです 知りません
  10年1日 ルーチンワーク
  施設という名の竜宮城

  気づけばわが身は 初老にありて
  駒となって 砕け散る

施設のお偉いさ〜ん、人間は駒ではないですよ〜
posted by カイゴのみょんみょん at 11:15| Comment(0) | 替え歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わが職場は幼稚園

フロアの連絡ノートには、その日の朝礼内容が書かれている。昨日遅番で出勤し、ノートを広げて笑ってしまった。「誹謗・中傷しない」「思いやり・支え合い」「みんなで教え合う」「チームワークよく仕事をする」などなど……なんだこりゃ??ここは幼稚園か?どうやらそうらしい…来年3月に新しい施設がオープンするので、夏ごろから毎月のように何人もの新人が入ってくるのだが、いじめられただの、無視されただの、教えてもらえないだのといった訴えが多い。私も1年前に異動してきたとき、ヤキを入れられ、罵倒され、「教えて欲しいことは教えてもらえなかった」ので(教えてもらわなくて結構です、ということはくどいほど教わったが)、新人の訴えがでたらめや、被害妄想ではないことはわかっている。そもそも新人を罵倒し、ヤキを入れ、いじめみたいにして教え込むのは、介護部長がそうしろって言うからじゃないか。性格というのももちろんあるだろうが、「ここのやり方をビシッと教えてやれ」「なめたマネをさせるな」「最初が肝心だから気合入れてやれ」みたいなことを言って、古参職員にはっぱをかけるから、部長の機嫌を損ねたくないベテランたちがついついやり過ぎるんだろう。指示を出している部長が、みんな仲良く思いやりをもって〜って、今さら何言ってんだ?職員が思うように集まらないから焦っているんだろうけど、こんな茶番を本気でやってたんじゃ、基準に達しないぞ。どうすんだ?コムスンみたいに嘘の報告するのか?従業員など思うように動かせる駒みたいなもんだと思ってるから今になって困るんだろう、ああん?(なぜか強気の私)駒は逃げないけど兵隊は逃げるぞ〜〜
posted by カイゴのみょんみょん at 10:43| Comment(0) | 介護施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。