2012年02月28日

ケアマネの仕事にとっても不安が…

今月中頃ようやくケアマネ実務研修後半が終了した。あとは登録して、いよいよ4月からはフリーのケアマネとして働くことになった。小さい子どももいるし、当分の間訪問介護の仕事でもと思っていたら、思いがけずケアマネの仕事をやってみないかということになり、ちょっと戸惑いつつも嬉しい。が、やはり不安のほうが大きい。だって、ケアマネ試験を受けるときから「試験よりも実務研修のほうがよほど大変」と言われていたし、事実本当に大変だったし(会場が遠かったのもあるけど)提出したケアプランは再提出になったし…
実際に誰かを選んで、その人の認定調査をしてケアプランを立てないといけないのである。私は父が週に3回透析をしており、食事療法が必要なのにまったくといっていいほど管理されていない状態なので、この機会に自分が立ててみようと思ったのだが、父でこうならアカの他人はどうなるのかと、先が思いやられた。2時間ほどで終らせなければならない聞き取り調査はほとんど1日かかり、家に帰ったら聞き漏らしがあったことに気づき…
でも調査してみてはじめてわかったこともあり、家族といえども、離れて暮らしているのでなおのこと、わからないことがあるんだと思った。まだ呆けてはいないものの、男やもめなので、薬の管理などもいいかげんである。昼の薬が2〜3ヶ月分ごっそり茶箪笥から出てきた。面倒くさいから飲んでいないとのこと…看護婦はうるさいのでテキトーに飲んだことにしているとのこと…食事のことを聞くと、ごはんはちゃんと100グラム計って食べているだの、水分は摂ったらいかんし飲んどらん、肉はあんまし食べとらんと言う。外になんか食べに行こうと言うので、こっそり観察しようと思い同行した。鮭のムニエル定食を頼む。ご飯の量が多かったので、残しといたらいいよと言ったのに、しっかり全部食べて、味噌汁も全部飲んで(さっきは汁残しとるって言ってなかった!?)ついてたお茶も全部飲んで、全然食事制限守ってない!!後で姉にこのことを報告すると、そうや〜、お父さん口ではちゃんとやっとるようなこと言っとるけど、実際は全然や、なんでも好きなもん食べとるということ…これではいけないと思い、ヘルパーさんに買い物と調理、掃除をしてもらうというプランを立てた。週に2回ほどでいいだろう、あとは私や姉のインフォーマルサービスでと思ったが、この内容では病状悪化を防げません、透析患者の食事管理は重要です、もっと踏み込んだサービス内容にしてくださいとコメントされ、再提出となったのだ。まだ介護認定の申請もしていない…早くせねば…
posted by カイゴのみょんみょん at 14:22| Comment(0) | ケアマネ実務研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナンシャル・プランナーが教えてくれる介護保険

先日FP(ファイナンシャル・プランナー)の継続教育があった。ライフプランニングの分野で、「知って備える介護の基本」というタイトルである。FPで取り上げるということは、介護にかかるお金のことだな、有料老人ホームの選び方とか、在宅であればどれくらいお金がかかるかとかそういうことだろうと思ったのだが、レジメの目次を見ると、ズバリ介護保険だった。介護保険なら知ってるよ…と思ったが、老人福祉・介護業界の人ではないFPが、つまり介護の専門外の人が介護を知らない人にどのように介護保険の話をするのかに興味を惹かれた。FPの視点からみた介護保険というものも知りたかった。
結果は、大変勉強になりました。
5年間も介護保険施設で介護士として働いていながら、いったい何をしてたんだろうと思った。少ないながら研修にも参加したのに、ケアマネ試験にもなんとか合格して、研修まで受けたのに…

ということで、FPが教えてくれた介護保険の知識をちょっと披露します。私がホホーッと思ったことです。

1 医療と介護の違い

  医療=いくら「かかるか」

  介護=いくら「かけるか」

1 住宅取得といっしょで、いくらかかる?と聞かれたら、そりゃどんな家に住みたいかによって、かかる金額は違ってくるよ〜となり、介護も同じだということです。確かにそのとおりなんだけど、ついこれこれこれくらいかかりますよって、言いたくなる。1割負担というのは医療保険に比べると安い。所得の高い人にとってはすごお得な制度である。1割だからって、ガンガン使われるとたまらない。だから支給限度基準額が設定されている一方、所得の低い人にとっては、1割負担でさえ苦しい。平均してどれくらいサービスを利用してるかっていとだいたい基準額の半分くらいだそうだ。要介護5でも6割程度の利用ということだ。


2 親と離れて暮らしている人は、保険料が未納になっていないか確認したほうがよい

  1年以上保険料を滞納すると…

  サービス利用料を一度全額自己負担して、後日還付請求をしなければならない。→立替

  1年半以上滞納すると…

  滞納した保険料を支払わないとサービスが受けられない。あるいは、サービスから滞納分を差し引かれる

  →おあずけ

  2年以上滞納すると…

  一定期間3割負担に引き上げられる。また、利用料が高額になったときの給付も受けられない

  →値上げ

医療保険もそうなのだが、保険である以上、保険料を支払った人が保険事故に際して保険給付を受けられるわけで…とはいえ、親の介護問題に直面し、介護保険が使えないとにっちもさっちもいかなくなる


3 地域包括支援センターとは?

  5年前職安の技能訓練でヘルパー1級の講習を受けたとき、ちょうど1回目の法改正のときで、この地域包括支援センターというのが、全くわからなかった。他の人も同様で、講師に「わからない、わからない」と質問攻めにしていたら、とうとう講師が教室を飛び出していってしまった。ちょっと言い過ぎたんじゃない?誰か職員室に呼びに行く?とか言っていたら、15分ほどして息を切らしながら帰ってきた。いろんなところに電話をかけまくっていたらしい。なんとかわかるように説明する方法がないか聞いていたようだ。しかし、それでも私は(たぶん他の人も)わからなかった。5年経ってケアマネ試験を受けるときも、まだわからなかった。つまり何?って聞かれたら答えられない。さて、それではFPはなんと教えてくれたのか?

はい、みなさん!地域と包括って言葉に赤丸してください!
そうです、みなさんの地域にあって、なんでも相談にのってくれるところ、それが地域包括支援センターなんです。
はい、では要介護認定受けたい人はどこへ行けばいいですか?そうです!!地域包括支援センターに行けばいいんです!!
健康のこと、介護のこと、福祉のこと、わからないことがあったら行そこへけばいいんです!!なんてったって、みなさんの地域にあり、包括して支援してくれるんですから。それにしても地域包括支援なんて名前、よくつけましたね〜〜

ケアマネの実務研修でもこんなにわかりやすく教えてくれなかったぞ。

4 主治医とは?

 わかりきった答えが正しいことはほとんどないとは誰が言ったのか…

主治医ってなんやろ?実は私はわかっていなかった。だって私には主治医がいないし…高齢者でも医者に通ってない人いっぱいいるし、最後に医者に行ったのが何年も前だったら、誰が主治医になるわけ?

答えは、申請書に記載された医者  主治医という欄があり、いない場合は市町村の指定する医師や市町村の職員である医師が診断し、主治医意見書を作成する。つまり、かかりつけ医であろうとなかろうと、申請書に書かれた医師が主治医になる。適当に書いたらいけないということだ。主治医の意見は一次判定・二次判定両方に影響するのだ。フーーーッ、知って助かる介護保険。あんたそれでも介護福祉士か?それでもケアマネの試験受かったんか?と突っ込んでください…もう少しで父の介護申請書にヤブ医者のたかはっさんの名前を適当に書くと子やった…

5 認定調査を受ける前に用意しておくメモ

本人の前で言えないようなことはちゃんとメモしてこっそり渡す

他にも普段の様子など前もって書いておいたほうが報告モレがなくてよい


6 認定結果に納得がいかなかった場合の奥の手

市町村の認定結果に納得いかない場合、都道府県にやり直しを求めることができる。審査請求という。だが、これだと不服申し立てってことで、なんかかんじ悪い…ということもないが、もひとつ認定区分変更の申請という方法もある。認定結果には有効期間(6ヶ月〜24ヶ月)があり、この期間内に心身の状態が悪化した場合、要介護状態区分(または要支援状態区分)の変更申請を出すことができる。主治医と相談のうえ、区分変更申請をすることによって、区分を見直せることもある。

7 要介護度が高く認定されると得なのか?

うちのばあちゃん要介護2やった。3か4にはなると思っていたのに…こういう話はよくある。なぜかみな要介護度を高くしてもらいたいようだ。確かに、要介護度が高くなれば、それだけ支給限度基準も高くなる。いーっぱい利用したい人は高いほうが得だ。なにせ1割負担なのだから。でもめいっぱい使うつもりのない人は、正しい要介護度でよい。なぜなら、同じサービスでも、要介護度が高くなると利用料が高くなるからだ。同じものもあるが、介護度で違うもののほうが多い。



他にも自己負担を下げる方法など、FPの視点からのアドバイスがいっぱいで、ほんとうにためになるセミナーでした。
講師は生活経済研究所長野・事務局長、CFP認定者 塚原哲さんでした
posted by カイゴのみょんみょん at 13:06| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。