2012年06月14日

みんなで仲良くえいえいおーーっ!

先日包括から事業所へ苦情が来た。ある虐待ケースについて、管理者をはじめ、事業所のケアマネが、その扱いの重要性や市町村との連携について、十分認識ができていないというのである。管理者は、自分の認識が甘かったことは確かであるが、包括への相談云々についてはいいがかりに近いものがあり、包括自体がうまくまわっていないように感じると言っていた。矢面に立たされたケアマネをかばい、言うべきことは言う、その姿勢は管理者として評価に値すると思う。だが私は話が終るまでの間、他のケアマネが管理者をやんややんや喝采し、包括の職員の悪口を言っているのを聞きながら、能面のような顔で内心のうんざりした気分を隠していた。お義理で笑ったり拍手喝采する気にはなれなかった。苦情を言ってきた包括の責任者が、話の行きがかり上、同僚を非難するようなことを言ったそうだ。管理者は、そのことが不愉快であった、自分は外部に対してあななたたちをそういうふうには言わない、あくまでも管理者としての立場として話をすると言う。文句のつけようもない。立派な正論である。トラブルに際して内部のごちゃごちゃを外部に漏らすのは失策以外のなにものでもない。それでも私はこの話の間中のれなかった。苦情を言ってきた包括職員の性格や仕事のやり方についての悪口に終ったこともその理由だ。包括に対してはいつも卑屈なほどぺこぺこしてるので、非が明らかになりそれみろってなもんだ。それともうひとつ、私はこの管理者が他の職員のことをこらえ性もなく、愚痴ったり非難したりしているのをいつもうんざりしながら聞いていた。私など人の数にも入らないし、配慮の必要もないんだろうけど、人の悪口って面白いけど、これが自分のことだったらと思うとほんとイヤだから。どうしてそういうことまで公の場で話すのだろうといつも思っていた。自分が全てを管理しているので公という意識が薄いのかもしれない。こういう人から興奮気味に、あななたちのことを誇りに思うと言われても、他の人はどうか知らないが、私は心が冷え冷えするだけだ。今回のことでわかったことがある。敵がいたほうが内部はまとまる。中国は伊達に日本を敵視しているわけではないのだ。包括のおかげで管理者とケアマネの距離は縮まった。日頃の鬱屈した思いも晴らせたようだ。
posted by カイゴのみょんみょん at 10:12| Comment(1) | ケアマネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護は専門職か?刺青してないから現業じゃないって?

居宅でケアマネとして働き始めて3ヶ月が経った。施設に勤務していたときにはほとんど聞かなかったのに、ここではやたらと聞くある言葉がある。「専門職」だ。専門職としての意見、専門職としての立場など、とにかくやたらと専門職を連発する。包括の職員までが専門職などという言葉を使っている。これと関連して、ケアマネという仕事に対して自信というか、誇りをもっていて、この仕事がどれほど面白いか、どれほどやりがいのある仕事かを語る人が多い。決して悪いことではなく、むしろ必要なことであるにもかかわらず、私には非常に鼻につく。根性がねじくれてんだろうな。楽しそうにやってるのをみてひがむようなもんだ。やりがいのある素晴らしい仕事。どこが悪いってんだ?どこも悪くないよ。でもいちいちそういうこと連呼しなきゃならないのはウンザリだよ。世の中には誰にでもできるような仕事と(橋下大阪市長の現業職員への発言で現業という言葉の意味を知った)そうではない仕事があることは子どもだって知っている真実だ。だからどうだというんではなく、事実だということだ。介護の仕事っていうのは、嫌なはなしだけど現業だよ。いや、違う、専門性が求められるって言い張る人、それ現業の人を差別してるよ。徳川政権下で実質最下位の身分だった農民が、表面上武士に次ぐ身分で、実質非人よりはましと自らに言い聞かせて不遇に耐えていたのと同じだよ。介護の仕事が専門職なら、世の中のすべての仕事が専門職だよ。単純労働などというものは存在しないことになる。言い訳しながらの仕事は苦しいよ。専門性などと言われると、専門性など欠片もない私は、ここにいてはいけないのだ…と思ってしまう。そうか、いたらいけないと言われてたのか…わかんなかったよ…私は昔っから鈍いんだ
posted by カイゴのみょんみょん at 09:38| Comment(0) | ケアマネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職場がクライ。いや、比喩じゃなくて…

毎朝職場に足を踏み入れた途端にその暗さに辟易する。雰囲気ではなく、室内そのものが暗いのだ。なぜって、電気を点けてないからだ。なぜ電気をつけてないかって?知るか!!こっちが知りたいよ!毎朝毎朝のことでうんざりむかつき気分が沈む。私は小さいときから近眼で、親からは、暗いところで字を書くな、読むなとやかましく言われていた。ただでさえ悪い視力が、暗いなかで仕事をするのでひどく疲れて困る。さいしょ、電気をつけたらいけないというきまりでもあるのかと思って、恐る恐る先輩に聞いてみた。「そんなもんないよ!つけていいよ」と言われた。だが、毎朝毎朝暗い。管理者が電気をつけないのだ。管理者は自分が暗いと感じたらつけるようだ。私はがまんできずに「つけてもいいですか」と断わってつけた。別に文句は言われない。だが、やはり管理者や他の職員は電気をつけない。見えない敵と戦っているようだ…ちなみに私が勤務するのは、某組合系の事業所であるが、「和」とか「協調性」が大事とされている。「和気あいあい」「みんなでわいわいがやがや」がいいでしょ?ってなかんじだ。管理者の顔色を窺いながらまるでガマン比べのように電気もつけずに仕事をしていて、なにが和気あいあいかと鼻白む。
posted by カイゴのみょんみょん at 09:07| Comment(0) | ケアマネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

ダサい制服に慣れ、居心地がよくなると危険だな

ほんの少しだが仕事に慣れた。ひざの抜けた毛玉だらけのズボンとジャージの制服にも慣れた。仕事は町内がほとんどなので恥ずかしさも感じなくなった。名前を言えば誰もが、「ああ、〇〇さんか」とわかってくれる法人なので、〇〇法人で働く人間として割り切ることにした。一旦割り切るとラクになった。だが、別の危機感がでてきた。名前を言えば誰でもわかってくれるのは非常に便利でありがたいが、それに慣れてしまうと、あたかも法人=自分と勘違いしてしまう。けっして自分自身の信頼で仕事が来ているわけではないのに、そのように錯覚してしまう。 郡部の小さな町なので、居心地がいいのだ。その証拠に隣の大きな町へ足を踏み入れた途端、不安を感じ、身に付けている制服を恥ずかしいと思ってしまう。なんだか子ども関係の世界にしかいない主婦のようなかんじだ。地域密着はいいのだが、「地域」だけで完結してしまっているかんじだ。町役場とサービス事業所だけを相手に仕事をしているかんじがする。こうしたら、ああしたらという思いはあっても、先輩から「これまでの関係性もあるし」と言われたら、それ以上踏み込めなくなってしまう。もう少し余裕ができたら、もっと外部の研修に参加したり、他の市町村の人とも交流しないとなと思う。今はなんにもわからないので、先輩に言われたとおりにサービス事業者を選んでいる。なぜその事業者なのか、私は実のところわからない。組織の一員として働く以上、組織の方針には従わなければならないが、???と思うことが多い、不思議な組織でもある。研究の価値おおいにあり。
posted by カイゴのみょんみょん at 18:00| Comment(2) | ケアマネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。