2012年12月13日

望めばきっかけなどいくらでもある

先日ユニフォームを事業所に返却して、ようやく肩の荷が下りた。二度と職員として関わることがないと思うと心から安堵した。退職のきっかけとなったのは保険者とのトラブルだが、退職した今となっては嫌だ嫌だ辞めたいと思いつつ仕事をしていたことが招いた結果とも言える。心のどこかで何かが起きることを望んでいたのかもしれない。何度も引き止めてくれた先輩や同僚には悪いと思うが、ケアマネという仕事自体に無理を感じていたし、なによりも事業所になじめなかった。正職員としていっしょうけんめい職場を盛り上げていた先輩を尊敬しつつも、ついていけない感が最初からあって息苦しかった。皆がてんでバラバラなのに、「みんなわいわいがやがや仲がいい」「何でも聞けるいい雰囲気」を前提にしている事業所と管理者に対し、冷めた気持ちしか持てなかった。先輩や管理者の「母体が大きいからちょっとのことではつぶれない」「地域のため赤字覚悟でやっている。儲けは度外視している」という考えにもうんざりするだけで反論さえする気になれなかった。仕事をしていていいことだってあったし、楽しいと思うこともあった。なのに今思い出すのは嫌なことばかりだ。自分の腰掛け気分を反省するばかりだ。そもそもケアマネなど考えてもいなかったのに、管理者に「やってみないか」と言われ、その気になるなんて、つくづくその場の雰囲気や気分に流される人間なんだなと自分ながらあきれる。最後の日、先輩から言われた。「老婆心から言わせてもらうね。どこへ行っても自分が変らないといっしょだよ」って。そのとおりだと思った。自分を変えずに周りの環境を変えて逃げている。自分では逃げているとは思わず、新しいところで再出発すると勘違いしている。先輩からは学ぶことが多かった。
posted by カイゴのみょんみょん at 10:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。