2012年04月14日

早くも壁にぶつかる

もう壁に突き当たった…まだ一人前に仕事ができないのに…
というか半人前ゆえの壁なのかもしれないが。
私が勤務する事業所は訪問介護事業もやっていて、同じフロアで机を並べている。電話番号も同じである。かけてくる人にとっては、訪問介護事業所にかけたら居宅ケアマネが電話を取り、居宅介護に電話をかけたら訪問介護の担当者が電話を取るということがよくある。わかっている人はわかっているからわかるのだろうけど、わかってない人はよくわからないけどいいか、というかんじなのだろうか。同じように二つの事業を行っているところからの電話を自分が受けるときはまだ混乱してしまう。訪問看護からの電話なので、ケアマネあてだろうと思っていたら、居宅介護支援もやってるので、ケアマネ(看護師)が訪問介護のことで電話をかけているのである。今にわかるようになる、慣れたらわかると先輩に言われたが、確かに私は慣れればわかるようになると思う。だが、利用者やその家族はずーっとわからないままなのではないか。わからないからサービスをキャンセルするときなど、直接サービス事業所に言えばいいのかケアマネに言えばいいのか迷うのではないだろうか。訪問介護に電話したらたまたまケアマネが出て、わかりましたよ〜と返事すれば、??と思いつつも、ケアマネに言えばいいのか…と思うだろうし。それに、なによりも訪問介護のヘルパーやサ責(サービス担当責任者)との関係がうまくつかめない。訪問介護サービスは当然同じ事業所のものを使う。利用者に要望を聞くまでもない。利用者は特に希望もないか、ケアマネと同じとこなら便利でいいと思っているかもしれない。ヘルパーは困ったことがあったり、判断に迷うことがあったりすると事業所に連絡してくる。それを受けたサ責が、ケアマネ業務に関することだろうと医療的な判断に関することだろうとなんでもケアマネに投げてくる。ケアマネがすぐそこにいるからだ。どこの事業所でも同じなのだろうか。私はケアマネをしながら訪問介護もやるので、そのことで疑問に思ったことを聞くと、ケアマネからこんなことを言われた、これはサ責のやるべき仕事なのかと他のケアマネに相談したりする。きちんと伝わっていなかったということだが、同じ事業所だからこんなことが起きるのか…先輩からは、全く別の事業所と思ってやらないとダメだと言われるが、当然のようにサービスに入れながら、机を並べながら、そんな器用なことができるものだろうか?他の人たちはできているのか?
posted by カイゴのみょんみょん at 09:45| Comment(2) | ケアマネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みょんみょんさんがどうされているかと思って覗いてみました。ケアマネも大変そうですね。
私は最低最悪の特養でまだ働いています。ケアマネの資格の取りましたが、これは親の介護のため。勉強していて介護認定のやり方、見方がわかり、介護家族と下は「そうなの!」と大変役立ちました。
介護保険って不思議ですよね。
親の介護のためのケアマネがいましたが、ケアプランは私と介護施設が相談して、その内容をケアマネの伝えました。ケアマネは書類を作るだけで、月16000円も貰ってましたよ。月1度面会にくるかどうか、モニタリングや医者との話し合いもないし、ぼろいもうけだな思いました。
「生きてきたようにしか、死ねない」という言葉があります。施設にいようが、在宅だろうが、親を見捨てるような子を育てたのは「やはり年老いた老人、あなたのせいなのではないか」と。
Posted by りんご at 2012年05月12日 22:23
りんごさん
のぞいてくださりありがとうございます。
私は仕事も生活もいっぱいいっぱいでブログもできないというか、パソコンあけることもできないです。ケアマネがボロい商売かどうかわかりません。ただ手抜きしようと思えばいくらでも手抜きできることは確かです。私はまだ上手く動けず、ガソリンのムダ使い、御用聞きと言われます。どこまでが仕事なのかという恒例の悩みももちろんあります。先輩のように在宅面白いと単純に思えないです。まだまだ苦戦中です。りんごさん、コメントホントにありがとうございます。
Posted by みょんみょん at 2012年05月21日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。