2012年05月29日

異名をとるほどの凄腕ケアマネにならねば

だんなはしょっちゅう日刊ゲンダイだの中日スポーツだのを買ってくる。自分で捨てないなら買うなと口やかましく言ってあるが、効果はない。くやしいので時々読んでいる。こないだ便所で気になる記事をみつけた。(便所で読んでたわけではない。子どものおまるが置いてあるので、その下にしいてある)
見出しは「平場の重さん逮捕」81歳の大物スリ師・計46回服役である。「平場」とは、繁華街などを指すそうで、重さんは、一般にスリの現場になりやすい電車などの乗り物ではなく、繁華街でスリを繰り返していたことから捜査員の間でこのように呼ばれていたようだ。10代でスリを始めた重さんは、過去20回以上も窃盗容疑で逮捕され、今年2月の出所後は体調を崩していたがさいきんになって回復、またもや犯行に及んだということだ。他にも最近逮捕された異名付きのスリが紹介されている。

・エンコヅケのマツ(58歳・男)指(エンコ)でサイフの感触を確かめ、内ポケットから抜き取るのが常套手段。
・声かけのタマちゃん(69歳・女)標的に話しかけ、隙を見て金品を盗む
・ブランコの金(82歳・男)電車内のフックにかかった衣類から金品を盗む「ブランコスリ」
・ケッパーの梅じい(81歳・男)ズボンの後ろポケットからサイフを抜き取るのが得意技
・デパ地下のさと婆(79・女)百貨店の地下食品売り場専門
みんな現役でがんばっておられる。いやいや、けっしてスリをほめてるわけではない。「現役でがんばっている」「己の才覚ひとつで身を立てている」「生活保護など頼ってない」というところがすごいと思う。もっともお縄になれば税金で食わせてもらうことになるのだが…しかし、こういう人たち見ると思う。私には異名を取るほどの特技があるだろうか。ショート獲得にかけてはぴか一のケアマネとか、ヘルパー説得ならこいつの他にいないとか言われるようにならないと、ケアマネも一人前とはいえない。
posted by カイゴのみょんみょん at 09:16| Comment(0) | ケアマネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。