2012年06月14日

みんなで仲良くえいえいおーーっ!

先日包括から事業所へ苦情が来た。ある虐待ケースについて、管理者をはじめ、事業所のケアマネが、その扱いの重要性や市町村との連携について、十分認識ができていないというのである。管理者は、自分の認識が甘かったことは確かであるが、包括への相談云々についてはいいがかりに近いものがあり、包括自体がうまくまわっていないように感じると言っていた。矢面に立たされたケアマネをかばい、言うべきことは言う、その姿勢は管理者として評価に値すると思う。だが私は話が終るまでの間、他のケアマネが管理者をやんややんや喝采し、包括の職員の悪口を言っているのを聞きながら、能面のような顔で内心のうんざりした気分を隠していた。お義理で笑ったり拍手喝采する気にはなれなかった。苦情を言ってきた包括の責任者が、話の行きがかり上、同僚を非難するようなことを言ったそうだ。管理者は、そのことが不愉快であった、自分は外部に対してあななたたちをそういうふうには言わない、あくまでも管理者としての立場として話をすると言う。文句のつけようもない。立派な正論である。トラブルに際して内部のごちゃごちゃを外部に漏らすのは失策以外のなにものでもない。それでも私はこの話の間中のれなかった。苦情を言ってきた包括職員の性格や仕事のやり方についての悪口に終ったこともその理由だ。包括に対してはいつも卑屈なほどぺこぺこしてるので、非が明らかになりそれみろってなもんだ。それともうひとつ、私はこの管理者が他の職員のことをこらえ性もなく、愚痴ったり非難したりしているのをいつもうんざりしながら聞いていた。私など人の数にも入らないし、配慮の必要もないんだろうけど、人の悪口って面白いけど、これが自分のことだったらと思うとほんとイヤだから。どうしてそういうことまで公の場で話すのだろうといつも思っていた。自分が全てを管理しているので公という意識が薄いのかもしれない。こういう人から興奮気味に、あななたちのことを誇りに思うと言われても、他の人はどうか知らないが、私は心が冷え冷えするだけだ。今回のことでわかったことがある。敵がいたほうが内部はまとまる。中国は伊達に日本を敵視しているわけではないのだ。包括のおかげで管理者とケアマネの距離は縮まった。日頃の鬱屈した思いも晴らせたようだ。
posted by カイゴのみょんみょん at 10:12| Comment(1) | ケアマネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白いです!
もう書かれないのでしょうか?ざんねん。
Posted by at 2015年08月04日 18:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。