2012年09月23日

今さらながら、ケアマネできましぇ〜〜ん

8月の最終日曜日をもって私の忙しい日常生活にひとくぎりがついた。ある資格試験のため春頃から猛烈に勉強していた。ほとんど仕事そっちのけであった。歩合制で22件ほど担当していたのだが、うだうだ理屈をこねて難しいケースを外してもらい、7月には17件だけになった。給料は減ったが時間はできた。1日5時間ぐらいは勉強できた。3歳の子どもがいるので、もっぱら早朝と昼の休憩時間(いつも3時間以上はとっていた)を使った。さて、試験が終るとヒマになった。いくらなんでも本業そっちのけはまずいだろうということで介護保険について勉強することにした。今年3月から購読している月刊ケアマネジャーを最新号から順々に読んでいる。(時々パラ読みはしてたがほとんど手付かず)う〜〜ん、実務研修を終え3月にケアマネの仕事を始めたときからきちんと読んでおけばどれほど勉強になったか…どれほど失敗を免れたか…って今さら言ってみても詮無いのだが。なんてったって仕事そっちのけで別のことやってたんだから…ケアマネって仕事は奥が深いのぉ、ありゃ〜こんなにも大変な仕事やったんかいな、こんなにもいろんな知識や能力がないと務まらんもんなんか、って感心してる場合じゃないですな。巻頭カラーページに出てくるケアマネなんてみんな(ここで紹介されるくらいだから当然だが)この仕事に誇りや自信を持っていて、心があったかくて誠実でまっすぐで…私はいっぺんに自信をなくした。自分には務まらん。観念した。契約期間の終了で打ち止めにすることを決意した。ブラボー!ケアマネ!みなさんがっばってください!ちゃちゃはさておき。ケアマネの1日のスケジュールが紹介されているのだが、夜8時9時まで働いている人が多い。どこまでが業務なのか悩むという声も多い。年収ラボなんぞを見ると資格別女性の職業では高所得5位である。平均年収368万円なり。その上が准看護師4位で399万円1、2、3位は薬剤師、看護師、臨床検査技師で475万、470万、446万である。女が稼ぐって、こんな男女平等の時代にあっても相当困難なようだ。ちなみにケアマネは女性が圧倒的に多く8割近くを占める。男なら家庭を気にせず残業などできるのでもっと稼げるのかもしれない。それにしても…ケアマネの能力の有無って判断しがたい。最低限やることやってれば給料はもらえるといえども、いっしょうけんめいやる人は自分の生活を犠牲にしてでもやるだろうし、それでも評価されなかったりして燃え尽きたり…ケアマネってどうやら余ってるみたいだな。私は小さな田舎町で仕事をしているので、客には限りがある。みんな歩合制で30件程度でいいと思ってるのに、管理者と正職員の2人だけが最近新規来ないねぇとか言ってる。新人数人いるし回ってこないのかねぇとか言ってる。プッて笑いそうになるのをこらえるのがつらい。仕事やカネは天から降ってくると思ってんだな。配分があるんじゃ仕方がない。シェアしなきゃな。辞める決意をして間違いはなかった。ぬるま湯は風邪引くし、風邪は万病の元。この年だからこそ気合入れて後の人生を悔いなく生きなきゃ。
posted by カイゴのみょんみょん at 13:16| Comment(2) | ケアマネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケアマネのお仕事ご苦労様でした。介護の世界はご本人だけではなく、ご家族との関係もあり大変ですよね。こんな家族に何を言っても通じないという例もあるし、本当はもっとサービスが利用できるのに金がないと利用できない場合もあるし。ご本人主体なんて嘘ですよね。介護保険は家族のための保険のよう。ゆえに税金使うから家族が面倒みなくなっている。施設に入れて、はいそれまでよが横行してますね。
いっそ看護師の資格でも取られたら如何ですか。娘が看護師ですが、40代の子持ちのかたも専門学校に通われて資格を取っていかれたようですよ。それと介護の世界でも施設の看護師は仕事量がぐーーんと少ない割に高給でしょ。娘に介護の世界に来ないかと勧めているくらいです。
Posted by りんご at 2012年09月23日 23:35
りんごさん、お久しぶりです。お元気ですか?

「介護保険は家族のためのよう」

その通りですね。でも半分はそれでいいと思いす。問題は半分どころか、本人なんかそっちのけで
家族主体になっていることでしょうね。それを許しているのは行政であり事業所です。私たちケアマネも相当悪いです。
子どもの場合と違い高齢者は権利の主体が曖昧です。法律上「本人」が主体なのに、家族なども〜できるとなっており、後見人でもないのにのさばっています。簡単に解決できることではないです。
「自分で決める」ことが苦手な日本人、個と個のやりとりが苦手な日本人。

介護職から看護職に変る人多いみたいですね。私は小さい頃はキャンディ・キャンディにあこがれて看護師目指してたんですが、と言ってもナイチンゲールの伝記を読んだだけですが…いまひとつ看護には関心が持てないんですよ。生物や化学、数学は好きだし病気のことも面白いと思うんだけど、看護は…姉が看護師なんですが、総合病院から脱落して今は
訪問看護やってますよ。看護師は介護職から見たら、えらそうでムカつくかもしれないけどきっと大変なんですよ。一旦介護の世界に行くと医療現場への復帰は難しいと思いますよ。物理的というより心理的に。
Posted by みょんみょん at 2012年09月26日 06:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。