2012年11月07日

あえなく退職…

なんか予想外の急激な展開となった。区分変更申請は却下され、私の担当利用者は、保険者からわざわざ電話で変更申請の意味をわかっているのかと尋問されていた。家族は保険者から責められ、申請を取りやめます、支援のままでいいですと言ったそうだ。それに対し保険者は、認定審査会で再審査するので取りやめることはできないと言ったらしい。じゃなんでわざわざ電話すんだ?審査会ではもめにもめて結局支援のまま、事業所の管理者はまたもや呼び出された。再度の認定調査の概況には「担当ケアマネの不服が申請の理由」とされていた。保険年金課はその意味を十分わかったうえでそう書いたそうだ。そして管理者はながながと説教をくらってきた。不服申し立てなんか口の端にのせようものなら、めにものをみせてやる、というわけでひどい報復を受けてしまった。といっても被害者は私ではなく、利用者だが。管理者は「ケアマネの不服が申請の理由なんてはじめて。」(あんた、いったいなにしてくれんの!)でもなぜかニコニコしながら「一緒に乗り切っていきましょう」と言うのでぞくぞくっとした。ダラくさいので、「保険者から、この町でケアマネするなと言われてるのに続けるつもりはありません」と退職を伝えた。さいしょ認定審査会の後にちょっと残れと言われて、不服申し立て云々などと脅しをかけてきたと注意を受けたというのが気になったので、管理者に連絡メモをみせてもらい、わざと「夜電話があったんですか?」と聞いてみた。かまかける必要ゼロやった…管理者は得意げ〜な顔で「その日は認定審査会があったんです!(私委員なのよ!あんた、そんなことしらんかったん?)その後ちょっと話あるって言われたんです」とのことである。ふ〜ん、認定審査会ってそんなこと言うとこやったんか。ところで、学識経験者って、うちの管理者や窓口のヤツか???どうでもいいか。管理者は心配になったのか、なんか行動起こすつもりか?と聞くので、いいえと答えた。なのに、後日慌てたように、退職なんだけど11月いっぱいでお願いときた。今年いっぱいを覚悟してたので助かったけど、なにあせってんだろ?なんにもしないって言ってんだろ。
posted by カイゴのみょんみょん at 12:26| Comment(3) | ケアマネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みょんみょんさーん。お疲れさまでした。元気の出るオムツ外し学会にでも行かれたらどうかしら。
「eかいごナビ」というHPで高口光子さんのコーナーがあります。面白ですよ。
私もケアマネの資格もっていますが(資格は持っているだけ)、今施設で働いていて、介護保険ちゅうもんは本人のためにあるのではなく、家族のためにあるもんなのだと90%ぐらい思っています。
最近読んだ本で遥洋子著「死にゆく者の礼儀」という本があります。面白かったですよ。図書館でどうぞ。
Posted by りんご at 2012年11月09日 22:02
なにやってんですかねぇ、ほんとに私は…
プレイヤーとしても三流でマネジャーもダメで…
いろんな人から「自分でやれば?」とか言われますが、できる人できない人があって、私はとてもじゃないけど介護を生業にはできないです。前から介護には限界を感じていて、そんな中でたまたまケアマネの仕事をしたんだけど、一時は凄腕ケアマネになろうと決意したものの、どだい無理でした…前から取得を目指していた社会保険労務士の資格が今年とれたんで、今後そっちでがんばろうと思います。子どもがまだ小さいんで本格稼働はできないけど、この資格で介護分野に貢献できたらと思ってます。介護技術とかは全然ダメだけど、介護保険制度は業務範囲でもあり、今後も目を離さないようにします。
現場で踏ん張り続けるりんごさんたちを応援するつもりです。まだまだ勉強が必要ですが、労働に関することや社会保険に関することなどなんでも聞いてください。
介護情報をいつもありがとうございます。
Posted by みょんみょん at 2012年11月14日 07:10
みょんみょんさん、頑張りましたね。社会保険労務士ですか、私もちょっと勉強したことあります。覚えること多すぎ!という感じで挫折しましたが。社労士を頑張って一国一城の主となられんことを祈ります。お子さんがまだ小さいということは、まだ人生も長いということですね。私は子どもは巣立ち、痴呆の母を抱えての人生終盤になっている人間です。
頑張れーー!!
Posted by りんご at 2012年11月14日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。