2013年01月01日

主任ケアマネだけあるな

実家の父は要支援2の認定を受けていた。忙しさにかまけてほうっておいたら、有効期限が切れてしまった。サービスを利用していなかったのでケアマネもついていない。家のあまりの惨状に、なんとかせねばということになった。訪問看護師の姉が、「ヘルパーはあてにならない」と言って、ダスキンのホームなんとかっていう、介護保険外のサービスを使うことに決めた。決めたはいいが、ダスキンも年末は忙しく、サービスの導入は年が明けないと無理で、事前の家庭訪問も土日は無理とのことで、失業中の私が平日に実家でダスキンの担当者と話をすることになった。私は家のあまりの汚さに恐縮していたが、ダスキンは「この程度なら介護保険で十分」「もっとひどい家を今までいくつも見てきた」「まずはケアマネに相談したらいい」と、契約に至らなかった。私としては、サービス開始は遅くても、とりあえず契約だけは済ませたいと思っていたのだが、ダスキンがあまりにもケアマネ、ケアマネと言うので、諦めて地域包括に介護保険の申請に行って来た。(もしかしたら、この家は汚いから掃除すればいいというレベルではなく、行政につなげる必要ありと判断されたのかもしれない…実際問題が山積しているのだが…)今回対応してくれたのは、頭の薄くなったおじさんで、「主任ケアマネ」だった。さっさと済ませてしまいたい私は、おじさんがもったりと、う〜んとうなって考え込んだりしているのを、内心「ヘルパー入れてくれればそれでいいんだけど」と思いながら、ちょっとイラついた。前回の申請のときに詳しく話しているのに、また同じことを繰り返さなきゃいけないのも不満だった。おじさんは、「単に掃除を目的にヘルパーを入れるわけにはいかないし、どうしてあげるのが一番いいんだろう」と考え込んでいた。私が担当ケアマネなら、家族の要望を聞いてさっさと訪問介護の手続きを取るところだ。しかし思った。私はこんなふうに利用者の生活を考えてケアプランを立てたことがあっただろうか。まずサービスありきで、しかも家族や本人の言いなりだった。新人だから、まだ仕事に慣れていないからで済ませられることではない。認定調査についておじさんは、「時間がかかっても、自分でいっしょうけんめいやってる人は自立していると判断され、できるけれどもなまくらで他人にやってもらっている人は、介護が必要と判断される。公平とは言えないが、それが現状です。しない人にいくらやっれって言っても無駄だからです。できてないことについては、家族がきちんと調査員に伝えてください」とアドバイスしてくれた。私は利用者や家族に対し、きちんとしたアドバイスなどしたことがなかった。思わぬ認定結果になってようやくアドバイスをするという、「後手後手」を絵に描いたような拙いやり方だった。人の仕事を見ることで気づくことは多い。今さらだが、逃げ出すのが早すぎたと後悔している。しかし一方で、やはり無理だったとも思う。同じ事業所のケアマネはお互いの仕事をほとんど知らない。協力とか助け合いっていうのは言うほど簡単ではないし、手の内をみせることを心よしとしない人が意外と多い。同僚であれ、誰であれ、困っている時に助け合えるには、ある程度心の内をオープンにしないと無理なんだと思った。いい勉強になった。
posted by カイゴのみょんみょん at 16:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高口部長、お元気ですか?
行き詰ったときは、慣れないパソコンで高口さんのブログを探してる自分です。
近々書店でも行ってみよっと(^w^)
Posted by 清水 at 2013年03月13日 23:16
改行もできないのかw
Posted by 名無し at 2015年10月03日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。