2012年09月23日

オムツ外し学会IN北陸。やっぱ行ってよかったわ〜

北陸初のオムツ外し学会に行ってきた。1週間ほど前にブリコラージュで知り、急いで申し込んだ。だんなが仕事だったので、ファミリーサポートに子どもを預けての参加だった。凹む出来事があり、気分が恐ろしく沈んでおり、後ろめたい気持ちになった。子どもを他人に預けてまで行くべきか…と、会場近くに来て一瞬行くのをやめて引き返そうかと思った。だが、すぐに思い直して、他人に預けてまで来たのだからしっかり勉強して帰ろうと決意した。オムツ外しと言うくらいだから三好さんはいつも排泄の話をする。ケアマネになって痛感しているのは、現場が全然わからない、書類作成に追われて現場が後回しになっているということだ。特養で5年働いていたというのにその経験が全く生かされていない。ケアマネの仕事は相談援助、関係機関との調整だが、現場を知らずにできることではない。なのに、現場を知ろうともせずそれらの業務をうまくまわそうとしていた。三好さんのいつもの排泄話を聞きながら、やっぱり来てよかったと思った。なによりも、富山型デイケアをやっている阪井由佳子さんの話を聞けたのがよかった。富山便丸出しの素の阪井さんはあまりにも面白く、こんな人もおるんや〜と思えたことがこの研修の一番の収穫である。阪井さんの話は午前と午後の2回あったのだが、午後は「看取り」についてで、始まる前私は正直少し引いていた。感動的な話が苦手なのだ。すごいでしょ?!感動でしょ?!ってのがダメなのだ…
阪井さんの看取りの話はたしかに感動なのだが、静かというか、なんというか…阪井さん自身、あったかくてオレンジ色と言っていたが、そうだ、夕映えみたいなかんじかな。私は秋から冬にかけての夕方4時過ぎのあの黄昏感が好きというか、惹かれるのである。1日が終ってしまうので寂しく、人生の終盤を思わせて、寂しいのだけど幸せなかんじがするのだ。阪井さんの言うあったかいかんじってこんなんかなぁと思った。それと、「死ぬことと生きることっていっしょなんや!」っていう阪井さんの言葉。十数年前、私もまさしくこのことを感じたことがあった。それまではやはり死と生は反対だと思っていた。動かしがたい事実だと思っていた。中学の頃、国語で反対語テストっていうのがあったが、死に対しては生であったように思う。それが正解だったはずだ。だが、その当たり前のことがあやふやになった。死ぬってどういうことで、生きるってどいいうことなのかがはっきりしなくなった。息をしているかしていないかとか簡単なことじゃないか。なのにどうにもわからなくなった。以来わからないで通している。だから、死んだらオシマイとか、命の尊さとか、なにか事件が起きるたびに言われるこれらの言葉には、なにか白々しい思いがあった。昨日の阪井さんの言葉で、同じこと思ってる人がいるんや〜と嬉しかった。
子どもには悪かったけど、やっぱ行ってよかったわ〜〜〜
posted by カイゴのみょんみょん at 02:53| Comment(2) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

ファイナンシャル・プランナーが教えてくれる介護保険

先日FP(ファイナンシャル・プランナー)の継続教育があった。ライフプランニングの分野で、「知って備える介護の基本」というタイトルである。FPで取り上げるということは、介護にかかるお金のことだな、有料老人ホームの選び方とか、在宅であればどれくらいお金がかかるかとかそういうことだろうと思ったのだが、レジメの目次を見ると、ズバリ介護保険だった。介護保険なら知ってるよ…と思ったが、老人福祉・介護業界の人ではないFPが、つまり介護の専門外の人が介護を知らない人にどのように介護保険の話をするのかに興味を惹かれた。FPの視点からみた介護保険というものも知りたかった。
結果は、大変勉強になりました。
5年間も介護保険施設で介護士として働いていながら、いったい何をしてたんだろうと思った。少ないながら研修にも参加したのに、ケアマネ試験にもなんとか合格して、研修まで受けたのに…

ということで、FPが教えてくれた介護保険の知識をちょっと披露します。私がホホーッと思ったことです。

1 医療と介護の違い

  医療=いくら「かかるか」

  介護=いくら「かけるか」

1 住宅取得といっしょで、いくらかかる?と聞かれたら、そりゃどんな家に住みたいかによって、かかる金額は違ってくるよ〜となり、介護も同じだということです。確かにそのとおりなんだけど、ついこれこれこれくらいかかりますよって、言いたくなる。1割負担というのは医療保険に比べると安い。所得の高い人にとってはすごお得な制度である。1割だからって、ガンガン使われるとたまらない。だから支給限度基準額が設定されている一方、所得の低い人にとっては、1割負担でさえ苦しい。平均してどれくらいサービスを利用してるかっていとだいたい基準額の半分くらいだそうだ。要介護5でも6割程度の利用ということだ。


2 親と離れて暮らしている人は、保険料が未納になっていないか確認したほうがよい

  1年以上保険料を滞納すると…

  サービス利用料を一度全額自己負担して、後日還付請求をしなければならない。→立替

  1年半以上滞納すると…

  滞納した保険料を支払わないとサービスが受けられない。あるいは、サービスから滞納分を差し引かれる

  →おあずけ

  2年以上滞納すると…

  一定期間3割負担に引き上げられる。また、利用料が高額になったときの給付も受けられない

  →値上げ

医療保険もそうなのだが、保険である以上、保険料を支払った人が保険事故に際して保険給付を受けられるわけで…とはいえ、親の介護問題に直面し、介護保険が使えないとにっちもさっちもいかなくなる


3 地域包括支援センターとは?

  5年前職安の技能訓練でヘルパー1級の講習を受けたとき、ちょうど1回目の法改正のときで、この地域包括支援センターというのが、全くわからなかった。他の人も同様で、講師に「わからない、わからない」と質問攻めにしていたら、とうとう講師が教室を飛び出していってしまった。ちょっと言い過ぎたんじゃない?誰か職員室に呼びに行く?とか言っていたら、15分ほどして息を切らしながら帰ってきた。いろんなところに電話をかけまくっていたらしい。なんとかわかるように説明する方法がないか聞いていたようだ。しかし、それでも私は(たぶん他の人も)わからなかった。5年経ってケアマネ試験を受けるときも、まだわからなかった。つまり何?って聞かれたら答えられない。さて、それではFPはなんと教えてくれたのか?

はい、みなさん!地域と包括って言葉に赤丸してください!
そうです、みなさんの地域にあって、なんでも相談にのってくれるところ、それが地域包括支援センターなんです。
はい、では要介護認定受けたい人はどこへ行けばいいですか?そうです!!地域包括支援センターに行けばいいんです!!
健康のこと、介護のこと、福祉のこと、わからないことがあったら行そこへけばいいんです!!なんてったって、みなさんの地域にあり、包括して支援してくれるんですから。それにしても地域包括支援なんて名前、よくつけましたね〜〜

ケアマネの実務研修でもこんなにわかりやすく教えてくれなかったぞ。

4 主治医とは?

 わかりきった答えが正しいことはほとんどないとは誰が言ったのか…

主治医ってなんやろ?実は私はわかっていなかった。だって私には主治医がいないし…高齢者でも医者に通ってない人いっぱいいるし、最後に医者に行ったのが何年も前だったら、誰が主治医になるわけ?

答えは、申請書に記載された医者  主治医という欄があり、いない場合は市町村の指定する医師や市町村の職員である医師が診断し、主治医意見書を作成する。つまり、かかりつけ医であろうとなかろうと、申請書に書かれた医師が主治医になる。適当に書いたらいけないということだ。主治医の意見は一次判定・二次判定両方に影響するのだ。フーーーッ、知って助かる介護保険。あんたそれでも介護福祉士か?それでもケアマネの試験受かったんか?と突っ込んでください…もう少しで父の介護申請書にヤブ医者のたかはっさんの名前を適当に書くと子やった…

5 認定調査を受ける前に用意しておくメモ

本人の前で言えないようなことはちゃんとメモしてこっそり渡す

他にも普段の様子など前もって書いておいたほうが報告モレがなくてよい


6 認定結果に納得がいかなかった場合の奥の手

市町村の認定結果に納得いかない場合、都道府県にやり直しを求めることができる。審査請求という。だが、これだと不服申し立てってことで、なんかかんじ悪い…ということもないが、もひとつ認定区分変更の申請という方法もある。認定結果には有効期間(6ヶ月〜24ヶ月)があり、この期間内に心身の状態が悪化した場合、要介護状態区分(または要支援状態区分)の変更申請を出すことができる。主治医と相談のうえ、区分変更申請をすることによって、区分を見直せることもある。

7 要介護度が高く認定されると得なのか?

うちのばあちゃん要介護2やった。3か4にはなると思っていたのに…こういう話はよくある。なぜかみな要介護度を高くしてもらいたいようだ。確かに、要介護度が高くなれば、それだけ支給限度基準も高くなる。いーっぱい利用したい人は高いほうが得だ。なにせ1割負担なのだから。でもめいっぱい使うつもりのない人は、正しい要介護度でよい。なぜなら、同じサービスでも、要介護度が高くなると利用料が高くなるからだ。同じものもあるが、介護度で違うもののほうが多い。



他にも自己負担を下げる方法など、FPの視点からのアドバイスがいっぱいで、ほんとうにためになるセミナーでした。
講師は生活経済研究所長野・事務局長、CFP認定者 塚原哲さんでした
posted by カイゴのみょんみょん at 13:06| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

心のオムツも外さないといけないな

三好春樹さんの主催する「オムツ外し学会in東京」に参加するため、先月東京に行って来ました。参加っていっても、自分がなんかするっていうんじゃなくて、研修を受けただけなんだけど。

すごい久しぶりの東京で、右も左もわからなかった。確か前回行ったのは、六本木ヒルズができる前だったような…いったいどったけ昔なんやってかんじだが、元々そうそう行くとこでもないんで。(いいわけ)お金がないので深夜バス(往復7000円・トイレ無し)で行ったんだが、40過ぎたおばはんのやることじゃなかったです。せっかくセルフケアの本間さんに誘っていただいて、打ち上げに参加したのに、眠さに勝てず、12時前にホテルに帰ってしまい、みなさんとあまり話もできず、とても残念でした。去年の9月11日に広島のライブハウスで行われた「介護バカの集い」で知り合ったこてっちゃんも来ており、少し話ができたのが嬉しかったです。こてっちゃんは、三好さんに「呼んでないのに来たので、舞台挨拶して」と言われていましたが、ちゃんと呼ばれていたようです。

私は世間の多くの人と同様にひきこもりがちなので、打ち上げの席でも、右も左もわからず、おたおたしていました。隣に座っていた介護ライターの東田さんに「お近くに住んでるんですか?介護士さんですか?」とか聞いて、三好さんが「ライター」って教えてくれたのに、一瞬「ライター?あのタバコのお供の?」などと怪訝におもい、「書く人に決まってんだろ!!」とこっそり自分にツッコミを入れてました。

花の都東京にはいろんな人がいるんだなぁと感じ入ってしまいました。いろんな人がいることやいろんな介護のかたちがあることも知らずに、離れ小島に置き去りにされたような孤独感で気持がささくれだっていたのです。荒んだ心で、閉じこもって引きこもって、ぐちぐち言いながら仕事をしていたのです。嫌で嫌で仕方がないのに、まるでそこしか居場所がないかのように、固執していました。今月いっぱいで退職することを決め、ほんとうにホッとしてます。退職通告してから退職までは、地獄のような毎日になると覚悟はしていますが、今の職場にこれ以上い続けることは、地獄よりも耐えられないことです。ちょっと無理をしてでも「オムツ外し学会」に行ったのは、少しでも自分を元気づけようと思ったからです。あとはもうゴーゴーです。

茨城で通所介護をしているこてっちゃんもそうですが、広島・玄玄の藤渕さんや大阪・祥の郷の細川さんたちは、とてもあつい思いで介護をしています。すごい!と思います。でも自分も!というふうには踏み切れないのです。自分にはこれほどの情熱があるだろうか?自分もこんなふうにやりたいと思っているのだろうか?そう自問すると、自信がないのです。一人ひとりの利用者さんにこれほどまで真剣に向き合えるのか?逃げ出したくなると思う…まだ自分にはこれでいきたいという確固としたものがないのです。

元引きこもりのグループホームに勤務する介護士さんと少し話をしたのですが、彼もやはりまだ自信がないかんじでした。好きなことや、こういうことをやりたいという思いはあるようですが、まだまだ準備段階ということでした。私はのんびり考えるという年齢ではないのですが、やはりまだ決めかねています。今はとりあえず、ケアマネのことを勉強しようと思っています。

毎日の仕事から学ぶことは多いけど(実際には学んでないけど!!)外に出て行かないと学べないこともある。そのことを学んだ貴重な2日間でした。
posted by カイゴのみょんみょん at 22:30| Comment(4) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

介護保険は金持ちにはお得かも

オムツ外し学会参加報告

やりさんこと柳本文貴さん(NPO法人グレースケア代表)の「こんな介護もある!!介護保険外でヘルパー活動」です。

タイトルどおり「介護保険外」の活動報告です。私にとって介護=介護保険だったので、ほんとうに、こんな介護のやり方もあったのか…と感心しながら聞いていました。

やりさんは、介護保険の利用者負担を抑えることで、高収入の人も安いサービスを使っていると指摘していましたが、なるほどと思いました。当たり前といえば当たり前のことだけどあんまり考えたことがなかったな。収入の低い人のことばっかり考えていたら、保険料は安いほうがいいし、利用者負担も少ないほうがいい。だけど介護保険は一律1割負担だ。保険料は所得に応じているっていったって免除はない。高収入の人にとっては、お得なサービスだ。措置時代の応能負担に比べれば安いだろう。資産のある人や年金額の多い人が特養に入所した場合、家族は金が減らなくて助かるかもしれない。私が勤務する特養にも「お金ならいっぱいあるよ。年金二つもろとるもん。うちのもんには迷惑かけとらん」という人や、元教授で年金が多い人、他にもお金に不自由してなさそうな人がいる。職員が自分のことでもないのに自慢げに、そういうことを披露してみせると言ってやりたくなる。じゃあ、なんでこんな最低な特養に入所しとるんや?って。収入の少ない人にとっては1割の使用負担は大きいうえに、財源の半分が税金なので、金持ちが安いサービスを使うために税金を納めてるようなもんで、なんか損してるみたいだぞ。金持ちにしたって、冥土に持ってくわけでもない金をケチって、ハゲタカのような親族に残すくらいなら、もっと自分の介護に使えばいいのに…と思ってみたりもして。
金持ちついでに思い出したが、累進課税はうまく機能してないようだね。昔金持ちは7割近くも税金を取られていたのに、今は5割ぐらいだとか、金持ちは相続税で揉めて大変とか同情されているが、実はうまいことやってあんまし払ってないとか、金持ちばっかり優遇されているとか、そういうこともあるけど、今思い出したのは別のことだ。収入に応じて税率は変るはずだが、ずいぶん多くの人が最低税率である5%だか10%だかの税金しか払ってないってやつだ。格差が拡大して貧乏人が増えたから、ではないようだ。年収800万円くらいの人でもいろんな控除とかで、最低税率しか払ってないっていうのを、最近なんかの本で読んだな。ワンピースだかガンダムだかってタイトルだったような…

つまり、得してるのは誰なんだ??

介護保険に固執せず、柔軟にいろんなサービスを使いましょうということで、あんなサービス、こんなサービスの紹介があったのですが、いっぱいあって覚えられなかったので、グレースケアのサイトからちょっと拝借します。

ケアサービスは、外出・通院の付き添い、家事支援、手続き代行、金銭管理、身体介護、退院や転居などなど、便利屋並みにそろっています。
他にも相談サービスや法人サービスがあります。面白いのは指名制があることです。介護福祉士や社会福祉士、看護師や鍼灸師、管理栄養士といった国家資格のある人はもちろん、一芸のある人とか…やりさん自身はとんちと演芸がうりらしいです。美容院やエステじゃ指名なんて当たり前だからね(キャバクラとかはもちろんだけど)、介護サービスにあってもおかしくない。というか、むしろいいくらい。がぜんやる気になりますな。指名料ももらえるみたいです。
料金はショートプランで1時間3150円と4200円、ベーシックプランで1月16800円(月2回の訪問で1回3時間もしくは月4回の訪問で1回1時間半)オプション(24時間オンコールや緊急対応など)が月8400円ということです。くわしくはホームページで。

やりさんは自分でちょっとツッコミを入れながらも、ほとんどボケつづけていて面白かったです。ブログも面白いです。
やりさんのブログ
posted by カイゴのみょんみょん at 17:44| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

ボケてないのにアリセプト?

担当している利用者さんのケアプランを立てるため、看護師が作成した服薬チェック表を見てびっくりした。なんとアリセプト(アルツハイマー病の薬)が処方されているではないか!!その人はアルツハイマー病ではないばかりか、認知症ですらないのに!日常生活自立度では確かに認知症らしい数値になっているが、完全自立ではないだけだ。1年前に入所したときから服薬内容は変っていないので、入所前からの処方と思う。10年近く老人性うつ病を患っていると調査票には書いてあるが、もしやうつ病の治療薬として処方されているのか?入所した当初は、表情も暗く、やる気なしオーラを発していたが、今では歌は歌う、散歩は行きたがる、編み物は毎日欠かさない、カルタをやらせれば一等賞という元気ぶりである。ただ、ささいなことで他の利用者に「うるさい!」「やかましい!」と怒鳴ったり、職員には「バカヤロー」と言ったり、ときには手も出たりするのでちょっと困っていたのだ。それにテンションが高すぎるときもあり、家族からは、「元気になったのは嬉しいが、ちょっとはしゃぎすぎに見える。うつの反動ではないか」と相談されてもいたのだ。(アリセプトは興奮性があり、怒りっぽくなる)反応が面白いので、職員がかまい過ぎることも原因としてあるのではないか、職員の対応によって態度は変るので、かかわり方に問題があるのではないかなど考えていたのだ。ボケナスぼんくらの私は、ナースが作成する服薬チェック表なんて今までろくに見ていなかったのだ。今回はたまたまアリセプトの害についてのセミナーに参加した直後だったので気づいたのだ。暴言が薬の影響かどうかはわからない。けど、アルツハイマーの薬がなんで処方されてるんだろうって不審に思う。さっそく看護師に相談してみた。ほとんど相手にされなかった。

NS:セミナーとか出ると、気になるのよね〜。でも薬の副作用なんていっぱいあるし、当てはまることのひとつふたつはあるのよ。在宅ならともかく、ここでは(特養では)じゃあ、薬やめましょう、減らしましょうって話にはならないと思うわよ。アリセプト飲んでる人なんていっぱいいるのよ。ああいう神経の薬って一度処方されると、ずーっと続くの。でも、あなたえらいわね〜そんなこと考えるなんて。えらいわ〜〜

だめだこりゃ
posted by カイゴのみょんみょん at 21:43| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。