2011年12月12日

わが施設は野戦病院

私が勤務する施設では(従来型特養)、ショートステイ利用者の肌毛布(カバーなし)をあかの他人どうしで使いまわしている。もちろん家族も利用者本人も知らない。1年前この施設に異動してきたとき、夕方4時に退所した利用者の、シーツ類は洗濯に出してあるのに、肌毛布は出ていなく、ベッドの上に置かれていたので、OJT(新人教育係り)に聞くと、ここでは毛布は洗濯しません、ときた。なに言ってんだろこの人、と真に受けず、自分が片付けるときは毛布も当然洗濯に出していた。だがやはり他の職員は毛布を洗濯しないのだ。2週間滞在した後も、一泊の後も同じように次の利用者に使いまわすのだ。こんなことをしているのは自分のフロアだけだろうかと思い、他のフロアの職員にも、看護師にも聞いてみたが、やはり洗濯には出さず、嘔吐や糞尿などで汚染するまで使いまわすというのだ。おかしいとは思う、不衛生だとは思う、けどここではそうなんだと言う。私もそういいわけをする職員を責められない。自分が当番になってるときは洗濯に出したが(汚れてもいないのに出してあって、間違いと思われベッドに返却されていたときもあったが)あえて問題提起することはなかった。

一度ある家族から、毛布の汚れが気になるので、新しい毛布と交換してほしいと言われ、全館探しても余分な毛布が一枚も見当たらず、非常に困ったことがあった。全館毛布の交換をしたばかりで、今ちょうど替えの毛布を切らしているとかなんとか苦しい言い訳をした。私だけじゃなく、他に2〜3人の職員にも言ったらしいが、それでもたった1枚の毛布が手に入らず、不振に思ったことだろう。一人、そんなこと私に言われてもね〜施設長に言ってくださいよ〜などと言った職員がいて、対応の悪さでも心情を悪くし、後日介護部長が直々に対応したが、どう言い逃れたんだろう…

不衛生ついでに書いておく。職員は手洗いをしない。こんなに手洗いをしない福祉施設の職員はそうそういないだろう。仕事に入る前、おむつ交換の後など、決められた手洗いはするが、それ以外はしない。配膳台車がきても、手洗いせずに平気で配膳する。食事介助も同じだ。途中トイレ介助して平気で食事介助に戻る。

ある介護小説で、特養の違いについて、いいところとひどいところは、大げさかもしれないが、普通の病院と野戦病院ぐらいの差があると書いていたが、私が勤務する特養は、まさに野戦病院である。当然死亡率も高い。戦場なので、死んだからってメソメソ泣いてる暇もなけりゃそんな情緒もない。なんとかさん死んだね、次の入所誰?である。それでも特養はありがたいのだろうか?待機者が多いというが、こういうところに入るのを待ち続けているのだろうか?
posted by カイゴのみょんみょん at 14:21| Comment(2) | 介護施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それって強制ですよ〜

時間外手当てを出さないんなら職員会議への出席を強制するな。

監査でそう指摘されたから強制はしない。あくまでも自主的な参加を促す。

介護部長がそう言ったのは何ヶ月前だっただろうか。あくまでも自主的な参加をやけに強調していたが。

昨日遅番で出勤して、連絡ノート(朝礼での申し送り事項の他、介護部長が職員を口汚く罵っている内容などが書かれているノート)を読むと、次のように書いてあった。

先月の職員会議の出席率が非常に悪かった。今月はみんなちゃんと出席するように!!

自主的な参加を促すんじゃなかったのか?

自主的と言われて真に受けてほんとに出席しない職員も笑えるが、朝礼の席で出席を強制しちゃう部長もおかしい。こらえ性がないというか、やはり年なんだろうか。長年の独裁で常識や理性が麻痺しているのはわかるが、ちょっとひどい。

日勤者が朝30分前に出勤して夜勤者の手伝いをするのは完全な強制であるが、それも「あくまでも自主的な手伝いを促す」と朝礼の席で言い放っている。入ったばかりで、そんなルールを知らない新人職員が、勤務時間まで休憩室で待機しているのが気に入らなかったらしい。私の場合、指導係がちゃ〜んと、8時には来い!と命令してくれたので、来たもんね。けど、建前上、けっして強制ではないので、ベテランのなかには、来ない人もい
る。

介護部長や施設長は、職員のことを自在に動かせる駒としか見ていないので、よく言えば非常に正直になんでもしゃべる。無邪気と言ってもいいくらいだ。でもこんな無防備な人たちに雇用されているって不安…

ところで、私はこの施設に異動になってから会議録というものを見たことがない。以前の施設では、必ず回覧されてサインをしていたものだが…同じ法人なのになんだろ、この違いは。誰かがパソコンの画面をそのままにしてどこかへ行ってしまい、チラッと見たら出席者がデタラメだった。生活相談員とか管理栄養士とか、出席してない人が出席したことになっていた。ロッカールームに落ちてた会議録も同じだった。回覧できないはずだ。そういえば、ケース会議もやってないのに、やったこととして、ちゃーんと相談員やケアマネの名前書いてたな。いったいこの1年間でどれだけ大嘘書いたことか…小さいときあれほどばあちゃんやじいちゃんに、うそつきは地獄に落ちて閻魔様に舌を抜かれるって言われていたのに…この1年間にやってきたことを思い出すと本当に恐ろしい。今日退職届を提出し、口頭でもしっかり退職の理由と退職日を伝えるつもりである。地獄が待っているのは承知のうえだが、閻魔様と天罰はなお恐ろしい。
posted by カイゴのみょんみょん at 13:50| Comment(2) | 介護施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

いまさらながら常識についてちょっと

昨日の夜勤中、ある利用者さんのオムツ交換にはいったら、オムツの当て方がちょっと変だった。
日中はトイレ誘導をしているので、紙パンツとパットだけなのだが、夜間はトイレに行かないので、オムツを当てて、その上から紙パンツをはいた状態になっているのである。漏れるのが心配なのと、朝夕紙パンツをはかせたり脱がせたりするのが大変というか、面倒くさいからだ。
昨日は、その紙パンツが先で、その上からオムツが当ててあったのだ。今月異動してきたばかりの新人職員(この施設にはいってまだ1〜2ヶ月しか経ってないのに、もうフロアの移動である)がやっていたので、間違ったようだ。私は何日間かこの新人の人を見ていて、きちんと教えられていないような気がしたので、もしや初めてだったのではないかと思い、フロアのリーダーに報告した。いちおう1回見せてあるとのことだったので、間違えただけのようだ。
リーダーは次の日その人に注意をしていた。「オムツを当てて、その上から紙パンツに決まってるやろ」って。
そのときにあれっ?それってほんとに当たり前かな?と思った。いつもと違うので、つい私も「間違ってる」なんて思ってしまったけど、オムツの上から紙パンツってのは、常識で当たり前のことかな。紙おむつの上に紙パンツなんてごわごわしてるし、蒸れそうだ。第一この利用者さんの場合、それでもパットの当て方が悪かったり、尿量が多かったりして漏れることが多かった。紙オムツ内はいつも尿汚染してるので、ほぼ毎日新しいオムツを使っている。

1年前この施設に異動してきたとき、オムツ交換の少なさにびっくりした。徹底的に排尿のリズムを調べ、その結果排尿パターンがわかったので回数を減らしても問題はない、コストダウンにもなったというのが教える側の説明だった。一番大きなパットは原則使わない、必要ないから、ということで、使用許可が下りなかった。交換回数を減らしてパットも小さいのに換えたのだから、オムツのコストは下がるのは当然である。だが、しばらくすると疑問が噴出してきた。例えば夕方から夜22時までは小さいパット、夜中は大きいパットを使う人がいる。22時の交換時は、たとえそのパットが全く尿汚染していなくても、捨てて大きいパットに換えるのである。そしてその大きいパットも朝尿汚染していないことが多いのだ。それでも換える。毎日毎日。その人は夜中1〜2回トイレに行く人で、汚染はごく稀にしかない。ごく稀の汚染に当たるのが嫌で(嫌なのはもちろん職員です)大きなパットを使っているのだ。一方で、1日2〜3回しかオムツを換えてもらえない人は、パット全体がたっぷり吸い込んだ尿で肌にべったりくっついている。その日が入浴日に当たってるときはパットも使わないため、きれ〜にオムツの形で肌に張り付いている。件の紙オムツと紙パンツの利用者も、毎日紙オムツを交換しているのに、コストがかかるからといって、1番大きなパットは長い間使用できなかった。見事なコストダウン大作戦である。

さて、オムツの当て方の常識であるが、もしかしたら、新人職員の「間違った」やりかたのほうが、まだ常識に近いのではないだろうか。外側の紙オムツで最終的な漏れを防ぎ、もしそこに汚染がなかったなら、そもそも紙オムツは必要ないということだ。
posted by カイゴのみょんみょん at 10:14| Comment(0) | 介護施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

わが職場は幼稚園

フロアの連絡ノートには、その日の朝礼内容が書かれている。昨日遅番で出勤し、ノートを広げて笑ってしまった。「誹謗・中傷しない」「思いやり・支え合い」「みんなで教え合う」「チームワークよく仕事をする」などなど……なんだこりゃ??ここは幼稚園か?どうやらそうらしい…来年3月に新しい施設がオープンするので、夏ごろから毎月のように何人もの新人が入ってくるのだが、いじめられただの、無視されただの、教えてもらえないだのといった訴えが多い。私も1年前に異動してきたとき、ヤキを入れられ、罵倒され、「教えて欲しいことは教えてもらえなかった」ので(教えてもらわなくて結構です、ということはくどいほど教わったが)、新人の訴えがでたらめや、被害妄想ではないことはわかっている。そもそも新人を罵倒し、ヤキを入れ、いじめみたいにして教え込むのは、介護部長がそうしろって言うからじゃないか。性格というのももちろんあるだろうが、「ここのやり方をビシッと教えてやれ」「なめたマネをさせるな」「最初が肝心だから気合入れてやれ」みたいなことを言って、古参職員にはっぱをかけるから、部長の機嫌を損ねたくないベテランたちがついついやり過ぎるんだろう。指示を出している部長が、みんな仲良く思いやりをもって〜って、今さら何言ってんだ?職員が思うように集まらないから焦っているんだろうけど、こんな茶番を本気でやってたんじゃ、基準に達しないぞ。どうすんだ?コムスンみたいに嘘の報告するのか?従業員など思うように動かせる駒みたいなもんだと思ってるから今になって困るんだろう、ああん?(なぜか強気の私)駒は逃げないけど兵隊は逃げるぞ〜〜
posted by カイゴのみょんみょん at 10:43| Comment(0) | 介護施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

ハンコとサインさえもらえばそれでよし!

面会に来た家族の方に機能訓練に関する書類へのサインと捺印をお願いした際、「これなんですか?」と聞かれた。当たり前だ。説明も無しにいきなりサインしろ、ハンコ押せと言われたら困惑する。(ろくに読みもしないでサインや捺印する家族も多いのだが)私たち介護職員は、というか施設で働く人間はそこのところが全くわかっていないボンクラである。そもそも「しなければならないこと」は説明することや同意をもらうことであって、サインや捺印ではない。なのに、家族が来たら忘れずに書類にサインとハンコをもらえと、うるさく言われている。法令遵守といったところで、その法令のなんたるかを全く理解していないのだから話にならない。私はよくハンコやサインをもらうのを忘れる。ベテランからは、フロアの責任者にまかせっきりではなく、家族が来たらサインやハンコのいる書類がないかきちんと確認すること、と言われている。同じ時期に別の施設から異動してきたある職員と、なんかここハンコやサインもらう書類多いよね、それになんかすぐ忘れるけどなんでだろう?って話していて、二人同時に気づいた。この施設では、サービス担当者会議をしないのだ。もちろん家族にも知らせない。そもそも家族から説明を求められた機能訓練の書類は、以前いた施設では、家族が会議に出席できないときのみ、介護職員が預かり、面会のときにサインなどをもらっていたのだ。だからあまり馴染みがなかったのだ。それと控えがないのも気になった。わけわかんない書類にサインとハンコだけして、控えがないってのは不安だと思うが…1月の監査のときは、ハンコを家まで行ってもらってこいだの、どうしても無理ならハンコ買って来て押せだの言われ、空恐ろしくなった。ケアプランの希望も聞かず、会議のお知らせもせず、もちろん会議もせず、したことにして書類を書いて、ハンコとサインだけは何がなんでももらってこい!とはなんなんだろうこの施設は。たしかあの時はフロアの責任者がサインして、ハンコは事務所で預かってるものを押したんだったな…ロシヤの殺し屋よりおそろしや〜〜
posted by カイゴのみょんみょん at 20:35| Comment(2) | 介護施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。